学生ローン情報Blog

高田馬場
高田馬場駅前交差点 Google Earth より

上の写真は、Google Earthで見つけた写真ですが、こんな何気ない1枚の写真にも、学生ローンの看板が見てとれる。
さすがに学生ローンの街、高田馬場だ。

さて、当サイトは完全リニューアルする事にしました。
最近流行のWordPressを使ってみたくなった事と、仕事の関係で高田馬場によく足を運ぶようになったのも理由の一つです。
つうか、ホームページは全くの放置状態で、ふとした事で思い出したものですから、とりあえず一から更新してしまおうと思った次第です。

久しぶりの高田馬場
以前は高田馬場をメインに仕事をしていましたが、昨年の夏までは大阪で仕事をしていました。
縁があってしばらくぶりに高田馬場で仕事をするようになったのですが、ちょっとの間にかなり様変わりしている事に驚かされました。
以前あった筈の店がなくなっているし、何よりもセブンイレブンが何で2つもあるのか?
ドンキホーテなんかあったっけ?
そんな感じでした。
何気に、自分がよく利用していたお店がほとんどなくなり、不必要な店がずいぶんと増えた印象です。
ドンキは流石に重宝しますが。。
飲食店が減ったのが何より痛いです。

学生ローンに拘る理由。
このブログのタイトルですが、ちょっと変ですよね?
わざわざ学生ローンじゃなくて別のものにすればいいのに・・・
そんな声が聞こえてきそうです。
私がおのタイトルに拘る理由は、今の自分の原点がそこにあるからです。
「苦学生」という言葉は最近あまり耳にしませんが、私は典型的なそれでした。
バイトで何とか凌いではいましたが、どうしても資金繰りに困った時、ア〇ムや武〇士などに申し込みをしてみましたが、学生を理由に借りる事ができませんでした。
正直、大学を辞めて働こうか、そんな事を考えている時、目に入ったのが、学生ローンの看板だったのです。
ダメモトで審査を受け、ダメなら田舎に帰ろう・・・
大げさですが、人生の分かれ道となる最後の望み、それが学生ローンだったのです。

借りる事ができたという感動
これまたオーバーですが、学生ローンで審査が通り、実際に融資を受けた時の喜びは今でも忘れません。
「これでもう少し頑張れる」そう思ったのです。
ちょうど試験シーズンという事と、部活も忙しくなかなかバイトができなかったのですが、学生というのはバイトができない時期と、まとめてできる時期があります。
バイトがなかなかできない時、一時しのぎの為の借金は、生きる上で絶対に必用なものだと思っています。
私がよく使った学生ローンは、高田馬場にある「カレッヂ」という会社です。
学生ローンの中では一番良かったという印象を持っています。

学生ローンカレッヂはこちらです

消費者金融バッシング
学生ローンや消費者金融は、何かと叩かれます。
そういう業種ですからしかたないのですが、中には借りる事ができて本当に助かったという人は少なくないはずです。
私もその一人です。
もしあの時、借りる事ができなかったらと思うとゾッとします。
人生が百八十度変わっていたでしょう。
昨今、過払いとか、武富士の倒産とか、何かと消費者金融に対する風当たりは強いですが、私は過払いは考えた事もありません。(時効ですけど・・)
何しろ、今の自分があるのは、こんな自分に貸してくれた学生ローンのおかげだと、今でも思っているのですから・・